室町幕府の再興を目指して……

07 09, 2012 | Posted in 太閤立志伝V | Thema ゲーム » 懐かしのゲーム

0 Comments
ぶっちゃけこの太閤立志伝V、城主以上になればあとはルーチンワークになってしまいます。
COMが強くないので、評定で部下に指示を出しては次の城を落とす、その繰り返しになってしまいます。
 
2012-07-08_21-24-54.jpg 2012-07-08_21-25-01(001).jpg 2012-07-08_21-25-26.jpg 2012-07-09_01-01-18.jpg
 
攻城戦も「威圧(敵士気の一斉低下)」というレアな特技が鬼のように強いので、↑のように持っているキャラクターたちで連射するだけで防御度に関係なく巨城も落とせてしまいます。
※SSには取り忘れたけど、宇喜多直家も持っていて5人で連射します。梟雄というか野心の強い人が持ってる傾向だね。信長とかは持ってないのがちょっと意外。
 
(士気を攻めるほうで行かないのなら、前回書いた「城門爆破」が強い。ただ城門爆破は鉄砲・大筒同様雨天では使えないので注意。城門爆破は秀吉・一益の他は、戦国末期のイケメンwヒーロー真田幸村が持っています。)
 
敵援軍が落城までに間に合ったら野戦になりますが、それもキチンと軍資金調達に内政型武将を回していて軍馬や鉄砲を買いあさっているので、金策パワーで何とかなります。
開墾だの鉱山開発だのの必要性が薄いのがシステム的に残念。武官に治安維持をさせながら、文官に軍資金調達で事足ります。
 
 
武田を潰し、近畿を制圧し、北陸の本願寺を潰し、近畿に手を伸ばしていた長宗我部を追って四国を制圧したあたりで将軍様からの攻略指示は止まる。
しかし勝手ながら名分が無くても、北陸・中国の小勢力→毛利→島津と攻め込んでいく。
(名分はあるのだよ自分なりに。なぜ足利幕府に武装解除の挨拶にやってこないかというね。)
義輝公の代のうちに幕府中興の威光を蝦夷地から九州まで広げたい。
 
 
しかし人間五十年のこの時代、普通にやっていると一代での統一は難しいときもある。
 
 
2012-07-09_19-39-06(001).jpg
 
島津をあと一城に追い詰めた1584年、恐れていたその日がやってきた。
 
2012-07-09_19-39-22(001).jpg 2012-07-09_19-39-28(001).jpg
 
マジですかー、ってまぁ貢献度からしてある程度予想はしていましたが。
っていうか覚慶クンこと足利義昭公を引っ張ってこれないのかぁ。イベントでの出現のみなんだなぁ。
 
っていいのかよ源氏の傍流もいいところの明智知美さんが足利幕府の広大な領地を受け継いじゃって、と悩む。
 ……んー、んー、んー……義輝様の遺言だからなぁ。部下に遺言を飲ませるのも大将の器量か。
 
コレを室町幕府と呼んでいいのかなんなのか分からないが、とりあえずは明智政権、かな。
天皇家を推戴した上で民衆の生活の維持。これが第一条件。
あとは蝦夷地から九州まで自分の命令に服属する体制に固める。
平行して朝廷工作して官位をもらって、あとは朝廷の判断に任せるか……
 
2012-07-09_19-50-22.jpg
  
とりあえず明智政権、仕切り直しでスタートです。純粋な足利幕府じゃないものの、将軍の遺志は継いでるんだぞ、と。
反逆を起こさせないかどうかは自分の器量次第。
 
2012-07-09_19-49-47.jpg
 
紋が……桔梗じゃないです。提灯w?
 
関連記事
スポンサーサイト

« 亡き主君の夢に向かって アサヒ ワンダ オン・ザ・ロック エクストラロック »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
天気予報
 
プロフィール

黒豹

  • Author:黒豹
  • Qilinmon from en.wikipedia.org
    Licensed under the GFDL

    当ホームページに記載されている画像・著作権・著作物・会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    twitter @SilviaLancaster
     
    <FinalFantasyXIV>
    Silvia Lancaster ミコッテ/ムーンキーパー/Gungnir


     
    メインナイト、サブで竜騎士と学者やってます。
    仕事忙しいので、エンジョイ勢。
     
    FFXIVと違ってライオンから進化した(という設定で)猫ッテでやってみています。かわいい。
     
    © 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
     
     
    ↓休眠中のMMOキャラ達 

    <DragonQuestX> 
    シルウィア/オーガ・女・Lサイズ 
     

     
    パラ・戦士・魔戦あたりを一応のメインと自称していました。大盾を使える職たち。
     
    自宅は一応ウェルカム設定です。
    ガタラ水没 8973-6
     
    © 2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
     
    <Ragnarok Online>
    Magni→Vali鯖。メインは献身だったが、基本的にはAGIパッシブな職でザクザクソロするのがストレス解消になる脳筋。
     

    一応メインだった献身RG147/50。
    V120>>S80=D80>A70=I70>>>>L1 と比較的フラットに振り直してみた。
    もういっちょ振り直し権保持。
    虎靴なんざ無いのでアンティ散財しないと臨時入れない。
     

    RR弱体化でどうすべきか考えていたRK114/45。
    S90>A80=V80>>D30>>I12>L1 ステもスキルも迷走中だが振り直し権は保持。
    大規模狩りの釣り役が廃れそうで、INTを上げてスキル狩り出来るようにすべきか……地デリ本帽に頼っていけるか……
     

    元ネタは高校時代にWARES_BLADEというTRPGで作った斧使いの女戦士。キャラクタープレイ第1号でした。
    まぁ一応ドカタにはなりました。けどRRではドカタ厳しくなった?
    現在109/41。S120>>>V60>A50>>>I1=D1=L1
     

    金策ちゃん2号。こいつもWARES_BLADEのキャラでダングス公王朝の妾腹の盗賊姉ちゃん。
    ROでは盗作砂葱。現在76/45。
     

    AGI素騎士:82/49
    スイッチアサシン:89/50
    パッシブ発勁モンク:94/50
    短剣豆:54/18
    殴りプリ:71/38
    水火ウィズ:68/30
    付与セージ:65/30
    AGIケミ:70/1
    おつかいスパノビ:99/1
    支援プリ:59/20 とかとか
     
    このサイト内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
    © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
    © 2016 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
    なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
     
       
    <FinalFantasyXI>
    ラグ鯖/Silvialancaster
     

     


    メインナイト。オハン・アルマス・イージス・エクス・アポ作成。
    FFXI自体がVU停止とのことでDQXへと時空転移。
     
    Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

     
    <大航海時代Online>
    Notos鯖。課金停止。
     

    ↑左右目の傷が逆だけど、雰囲気ある顔立ちにキャラメイク出来た。
     
    シルヴィア.L:
    Notosイングランド運び屋 一等勲爵士 43/46/52 倫敦武装商会所属
    ミランディー:
    Notosイングランド用心棒 准六等勲爵士 19/45/17 倫敦武装商会所属
    エンドラ大尉:
    Notosイングランド薬品商 六等勲爵士 22/42/20 ラグーン商会所属
     
    (C)2016 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
リンク(プルダウン表示)
カテゴリ(ツリー表示)
 
ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)

presented by ネット旅行.com
最近の記事
最近のコメント
年別アーカイブ一覧
最近のトラックバック
ブロとも一覧