スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突撃獅子王

01 25, 2013 | Posted in 蒼き狼と白き牝鹿IV | Thema ゲーム » 懐かしのゲーム

0 Comments
オンラインゲームばっかりやってると、周期的に懐かしのオフゲーを引っ張り出したくなります。
今回引っ張り出したのはコレ。
 

 
発売は1998年。光栄のジンギスカンシリーズの4作目にして恐らく最終作です。


 
中学生のオイラは、このシリーズの初代(1985年のやつ)でエキゾチックな謎の中央アジア(「コラズム」「セイカ」など)に思いを馳せ、2作目(1987年)ではOPのカッコヨサにハマり、


(これの最初の奴ですね)

うおおおおリチャードリチャードああああアレクシオスウウウウ(森薫先生状態)と、高校生ではすっかり世界史フリークになってしまって、世界史「だけ」は全国模試でランキングしてしまった笑える思い出のあるシリーズです。
 
 
(ちなみに、個人的原体験としてのOPのインパクトは2より弱くなっていますが、4のOPムービーもなかなか爽やかで味もありいいですよ。)

(青年武将テムジンのアップや、終盤のボルテの顔が挿入されるシーンなど、爽やか)
 
4作目の発売は社会人になってからなので、まったりと遊んだ思い出です。
ぶっちゃけ、ゲームの出来としては中程度。
水滸伝2・信長烈風伝・ロイヤルブラッド2などと同じく、スクエアエリア開発型のターン制戦略SLGですが、なんせ世界史を題材にしているので、同時代の人物情報が足りないため(寿命ゲームだし)登場人物がランダムになります。史実1:ランダム20みたいなもんw
序盤の開発→領土拡大こそ面白いものの、中盤以降は作業ゲーになるのも光栄SLGの典型的なパターンですが、まぁいいんじゃない。光栄ゲーは前半を楽しむものです。
 
EU3なんかをやったあとに引っ張り出すと、その大雑把さに苦笑したりもします。
(史実では隣接国の君主が、ざっくりまとめて配下になっていたりとか)
 
まぁそこはそれヒロイックに「打ったら攻めろむかえ撃ちつぶせ・あとにはひかない突撃ジンギスカン・骨までしゃぶる悪玉を・右や左で切りきざみ・勝利をつかむのさ」と、箱庭をガーデニングしながら・お姉ちゃんを閨に招き・騎兵で大陸の向こうまで蹂躙すると、軟派なんだか硬派なんだかヨクワカラナイゲームだったりして楽しむのです。
(ちなみにこのオルド≒ハーレム・後宮のシステムは同人ゲーに影響を与えたようで、スペースオペラSLGでR18のとかあったりしますよね、、、)
 
 
上のような硬派な?システムにより、その後から歴史ゲーを席巻する「姫武将」みたいなものは存在しないわけで、シルヴィアさん仕えるところの女王様の国とかは再現できない、、、んー、、、
 
前には結構遊んでそこそこ慣れてたからチンギスハンみたいに簡単すぎるのもつまらんし、久しぶりのプレイだから難易度高いのも苦しいし、、、
 
そんなわけで今回悩んだ末で、選んだ君主は有名な彼。
 
 
2013-01-24_12-56-42(001).jpg
 
 
2013-01-24_12-57-33(001).jpg
プランタジネット朝第2代のイングランド王(在位:1189年 - 1199年)。ヘンリー2世の三男(第4子)。母はアリエノール・ダキテーヌ。妃はベレンガリア・オブ・ナヴァール(ナバラ王サンチョ6世の娘)。
生涯の大部分を戦闘の中で過ごし、その勇猛さから獅子心王(Richard the Lionheart、フランス語ではCœur de Lion)と称され、中世ヨーロッパにおいて騎士の模範とたたえられたが、10年の在位中イングランドに滞在することわずか6か月で、その統治期間のほとんどは戦争と冒険に明け暮れた。(wikiより)
 
政治は低いが智謀はそこそこ(ムスリムから「頭が切れる」との評あり)、白兵戦はおそらくこのゲーム最強のイメージで作られているであろう超戦士・リチャード1世です。おかおもイケメン。

 
2作目ではビザンツのアレクシオスもなかなか好きだったんですが(FRPGでイメージが少し馴染みあるので、欧州でなんとなくやりたかった)、4ではアレクシオスは君主じゃねえし!ってか弱いし!顔ランダムだし!
 
Alexios.png2→2013-01-25_14-49-37.jpg
(2ではなかなか渋い雰囲気だったのに、リチャードに比べmob化が悲しい)
 
今回は世界帝国ローマの復興は横に置いておこう……
 
 
 
リチャードはですね、強いけれど、特に序盤は丁寧に組み立てないと危ないんですよ。

言わずと知れた隣国のコレ。
2013-01-24_13-01-33.jpg 2013-01-24_13-01-24.jpg
フランス・カペー朝第7代の王(在位:1180年 - 1223年)。ルイ7世と妃でシャンパーニュ伯ティボー2世の娘アデルの子。フランス最初の偉大な王と評価され、尊厳王(オーギュスト、Auguste)と呼ばれた。
父の死により15歳で即位し、当初は舅であるエノー伯ボードゥアン5世の摂政下にあったが、間もなく親政を始めた。エノー伯やシャンパーニュ伯などの強力な北部諸侯を抑え、婚姻政策によりヴァロワなどを得た。さらに、イングランド王家でフランス南部に広大な領地を有するプランタジネット家との抗争に勝利し、その大陸領土の大部分をフランス王領に併合した他、アルビジョア十字軍を利用して、王権をトゥールーズ、オーヴェルニュ、プロヴァンスといったフランス南東部から神聖ローマ帝国領にまで及ぼした。この結果、フランス王権は大いに強まり、フランスはヨーロッパ一の強国となった。
 
ちょ、なんなのこの隣のチートな王様www、尊厳王フィリップ率いるフランスが超ライバルなのです。(「冬のライオン」ではリチャードとBL関係だったらしいですが……) 近隣の神聖ローマも弱くねーし。
 
そんなわけで、リハビリ程度にグインのように超戦士で暴れるのがちょうどいいかなというわけで、シナリオ1イギリスをチョイス。
 
 
余談ですが、リチャード1世には小学生からの地味に思い出があります。
それは親父が幼少の頃買ってくれていた「少年少女世界文学全集―国際版」(1978年) の一つで、今項のタイトルも引用してます「獅子王リチャード」という本。
なぜ「獅子心王」ではなく「獅子王」なのか。子供には分かりにくいからなのか、と想像するしかないのですが。
(獅子王って言ったら普通はウィリアム1世のことになっているんですがねー。)
 
実は「獅子王リチャード」という同名の映画があります(1954年)。ここから本の題名は取ったのかもしれないなー。
 
映画も本も、中身はサー・ウォルター・スコットの小説、原題「The Talisman」。
主人公はやんごとなき身分を隠して第3回十字軍に参陣する豹の騎士ケネス。彼を軸に、リチャード1世や賢王サラーフッディーン(サラディン)の戦い・友情・貴婦人愛が描かれる十字軍ロマンです。
本では序盤の「モーニングスター・チェインメイル重騎士vsコンポジットボウイスラム軽騎兵」の一騎撃ちが熱かったです。
 
ここに出てくるリチャードはイメージの通り、短気だが信義は守るアニキ。
地面に置いた総鋼製のモールをバスタードソードで叩き斬る超怪力武勇を示してくれます。
(ちなみにこれはサラディンとの和睦シーンでの余興で、すぐにサラディンがシミターで宙に投げた薄絹を両断するという技量を見せてくれます。)
この本のイメージが強いので、まぁこのブログでは間違いを承知で「獅子王」と書きます。ストレートに勇猛だし。
 
 
 
前置きが長くなりましたが(こっちが中身っぽい)、序盤のレポートを少し。
 
とりあえずザックリと目標を3つ、
1:獅子王によるエルサレム征服。(これは絶対)
2:獅子王でテムジンを破り、当代世界最強を証明する。(この辺が寿命的に限界か)
3:獅子王で世界統一。(イナゴ戦略を取らないとまず無理か)
 
個人的にイナゴはゲームをやっている気がしないので、史実と異なりそこそこ内政でも無能と言われない王様になろうと思います。
そうすると2が出来るか出来ないかってくらいになるんでしょうねぇ。
 
 
まずすべきことは、人により順番は前後するでしょうが、シナリオ1イギリスなら「ロビン・フッドの確保」と、弟ジョンを代表する忠誠度低めの配下の懐柔でしょう。
 
2013-01-24_13-03-01.jpg
弓の名手で、イギリスのノッティンガムのシャーウッドの森に住むアウトロー集団の首領とされる。吟遊詩人によって一編の物語として編集され、一般に広まる。(中略)
当初の伝承は、ノルマン・コンクエスト後に、ノルマン人に抵抗する、サクソン人の非小作農民ヨーマンであり、その後エドワード1世時代の設定になり、ノルマン人に所領を奪われた貴族、義賊、マリアンとのロマンス、あるいは十字軍帰りなどの設定が加わった。16世紀以降、リチャード1世(獅子心王)時代の人物となり、リチャード1世が十字軍遠征に赴いている間にジョン王の暴政に反抗した人物として描かれるようになった。(wikiより)
 
もうね、獅子王と名コンビの戦闘バカですね。タッグレスラーかっての。
「ロビン・フッド物語」にも獅子王はゲスト出演してロビンは忠誠を誓いますので、確定コンビみたいなもんです。 
序盤の戦闘は獅子王の騎士突撃とロビンの弓連射で押すしかないんですね。
当たり前ですが西欧には使い勝手のいい弓騎兵なんざないので。
 
 
序盤の基本は、S○X宴をしながら親藩武将を作り、定期的に入ってくる金・食料・兵士を増やすために国土を開拓していくのですが、他にもシナリオ1イギリスではしておかねばならないことがあります。
隣国フランスが優秀なので、ゲリラ戦術で大陸の国土を蹂躙するお仕事です。
 
蹂躙するのは獅子王アニキ自ら率いる重騎士師団。
ランダム武将の登用や開拓は名臣ウォルター達に任せて、奥さん達が妊娠している間の超戦士は史実に近く本国を留守にしますw
 
 
そんなこんなで5年、伸び悩むフランスに比べ堅実に成長したプランタジネット朝イギリス王国。
そろそろ刈り取ってやるかのぉと本気獅子王以下4部隊は大陸侵攻軍を繰り出すが……
 
 
「何か西からチョコチョコうるさいのが来るな。」
……無視していたケルンから、赤髭王フリードリヒ配下の師団が出陣した後のロンドンに波状的にw
 
 
うざっ! 目標変更です。転進してパリ攻撃からケルンへ全軍進撃。
ぶっちゃけフィリップの籠るパリはしんどいなー、と思っていたので、まぁコレもアリです。
フランスは伸張するでしょうが、それ以上にある意味パリ落としやすくなりそうだし。
 
2013-01-24_15-00-54.jpg
(ざけてんじゃねーぞこの赤髭野郎。打ったら攻めろむかえ撃ちつぶせ・あとにはひかない突撃獅子王♪)
 
ロビン以下は、王族で多めの部隊を率いれ(ロビンの次に戦闘の高い)弟ジョンと、ランダム武将で戦闘50台・弓B・城攻と序盤ではそこそこ優秀なトマス卿です。
 
2013-01-24_15-21-12.jpg 2013-01-25_13-47-34.jpg
 
 
 
ケルンを落としたら、状態を整えて、すぐにまた進軍します。
目標はフィリップのパリ……ではなく、街道沿いに東の(ブダ)ペストです。
 
言うまでも無くこのゲームチート級の使い勝手の弓騎兵技術を手に入れるためです。
 
 
このゲームでは蒙古騎兵に代表される弓騎兵系は間違いなく最強でしょう。
戦術MAPシステムの特徴として、移動力内であれば何度でも止まれ・攻撃を仕掛けられるというのがあります。コレまさにモンゴルの強さを再現するためのシステム。

足の遅い歩兵なんかは近づいてやっと1回殴って終わりって感じなんですが、弓騎兵は高い移動力・2回攻撃・射撃攻撃と、歩兵が近づけずヒット&アウェイで削り続けるというモンゴル戦法が取れるのです。
 
ペストには弓騎兵の文化があります。蒙古騎兵ほどではないものの高い機動力と複数回射撃能力を持つ「狩猟騎兵」。
史実では14世紀後半の登場を先取りした東欧騎兵「ユサール」(wiki)でしょうね。強い強い。
 
 
2013-01-24_15-57-25(001).jpg
 
ペストに籠るベーラ3世は結構有能で、彼率いるユサールはなかなかに苦しめてくれますが……ここを落とせば弓騎兵です。
 
2013-01-25_13-48-08.jpg
 
 
 
ペストを攻略し終わって、今項はここまで。ベネチアからのペスト進軍を留意しつつ、次はいよいよパリ攻略ですか。
 
定義によれば複数の民族を抱えた国家は「帝国」だそうなので、ゲルマン人とマジャル人を抱えたイギリスはもう立派な帝国。
プランタジネット朝イギリス帝国(リチャードの帝国)ですね。
 
帝国軍獅子王ユサール旅団でパリ進撃hehehehe。
 
関連記事
スポンサーサイト

« 獅子帝包囲網とエルサレムへの道 RG146→147、素騎士64→82 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
天気予報
 
プロフィール

黒豹

  • Author:黒豹
  • Qilinmon from en.wikipedia.org
    Licensed under the GFDL

    当ホームページに記載されている画像・著作権・著作物・会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。
     
    <DragonQuestX>
    シルウィア/オーガ・女・Lサイズ 
     

     
    試験勉強優先なので、すっかりエンジョイ勢です。
    パラ・戦士・魔戦あたりを一応のメインと自称してます。大盾を使える職たち。
     
    自宅は一応ウェルカム設定です。
    ガタラ水没 8973-6
     
    © 2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
     
    ↓休眠中のMMOキャラ達 
     
    <Ragnarok Online>
    Magni→Vali鯖。メインは献身だったが、基本的にはAGIパッシブな職でザクザクソロするのがストレス解消になる脳筋。
     

    一応メインだった献身RG147/50。
    V120>>S80=D80>A70=I70>>>>L1 と比較的フラットに振り直してみた。
    もういっちょ振り直し権保持。
    虎靴なんざ無いのでアンティ散財しないと臨時入れない。
     

    RR弱体化でどうすべきか考えていたRK114/45。
    S90>A80=V80>>D30>>I12>L1 ステもスキルも迷走中だが振り直し権は保持。
    大規模狩りの釣り役が廃れそうで、INTを上げてスキル狩り出来るようにすべきか……地デリ本帽に頼っていけるか……
     

    元ネタは高校時代にWARES_BLADEというTRPGで作った斧使いの女戦士。キャラクタープレイ第1号でした。
    まぁ一応ドカタにはなりました。けどRRではドカタ厳しくなった?
    現在109/41。S120>>>V60>A50>>>I1=D1=L1
     

    金策ちゃん2号。こいつもWARES_BLADEのキャラでダングス公王朝の妾腹の盗賊姉ちゃん。
    ROでは盗作砂葱。現在76/45。
     

    AGI素騎士:82/49
    スイッチアサシン:89/50
    パッシブ発勁モンク:94/50
    短剣豆:54/18
    殴りプリ:71/38
    水火ウィズ:68/30
    付与セージ:65/30
    AGIケミ:70/1
    おつかいスパノビ:99/1
    支援プリ:59/20 とかとか
     
    このサイト内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
    © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
    © 2016 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
    なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
     
       
    <FinalFantasyXI>
    ラグ鯖/Silvialancaster
     

     


    メインナイト。オハン・アルマス・イージス・エクス・アポ作成。
    FFXI自体がVU停止とのことでDQXへと時空転移。
     
    Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

     
    <大航海時代Online>
    Notos鯖。課金停止。
     

    ↑左右目の傷が逆だけど、雰囲気ある顔立ちにキャラメイク出来た。
     
    シルヴィア.L:
    Notosイングランド運び屋 一等勲爵士 43/46/52 倫敦武装商会所属
    ミランディー:
    Notosイングランド用心棒 准六等勲爵士 19/45/17 倫敦武装商会所属
    エンドラ大尉:
    Notosイングランド薬品商 六等勲爵士 22/42/20 ラグーン商会所属
     
    (C)2016 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
リンク(プルダウン表示)
カテゴリ(ツリー表示)
 
ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)

presented by ネット旅行.com
最近の記事
最近のコメント
年別アーカイブ一覧
最近のトラックバック
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。