スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中原騎馬民族vs帝国ユサール

02 08, 2013 | Posted in 蒼き狼と白き牝鹿IV | Thema ゲーム » 懐かしのゲーム

0 Comments
インド方面ではユサール使えませんが……
 
 
2013-02-02_00-17-49.jpg 2013-02-02_01-32-28.jpg 2013-02-02_01-35-20(001).jpg
 
まず街道を引いたゴールを1221年包囲します。守将は(恐らく)元アイユーブのランダム遺臣。
基本的にエルサレム帝国軍の力なら、包囲してしまえばまず勝ちは揺るがないのでいいとしましょう。
 
中盤以降面倒なのは、進撃準備の面倒さかもしれません。
あとは迎撃軍を押し返すための護衛師団の損耗くらいですか。
 
 
まず南方軍の前提から書きます。
 
南方軍のネックは進撃速度です。なんせインド~インドシナは山林地帯が多く、街道も存在しません。
第一に街道を敷設していく人員の確保が重要です。
 
また進撃速度の点では、ここから先は軍馬を補充できないため、損耗したら現地での徴兵は歩兵が中心になるということです。
 
操作が面倒ですが、損耗する度シルクロードから騎兵師団を連れてくるという手もあります。
 
が、山林地帯が多いことを考えると、敵の迎撃師団を弓騎兵得意の「1ラウンド殲滅」で追い返すことが難しいケースが多いため、接敵されて容易に損耗することになるでしょう。
その都度シルクロードからとか……面倒さハンパないので考えから外しましたw
 
いきおい、段々と軍団編成は十字軍歩兵と投石器が中心となります。これもまた進軍が遅くなる一因。
(インド方面は雨天もままあるので、火砲兵よりは投石器が多いほうが安定します。徒歩の弓兵を攻撃で使ったことが無いので、十字軍歩兵との使い勝手は比べられません……多分十字軍のほうが使いやすいんじゃないかなぁ……)
 
ぞーさんなら徴兵できますが、インド系の将軍で無いと本領発揮できませんしおすし。
 
ゴール方面の人員は歩兵特性が高く「城攻」を持っているメンバーを主軸とします。
「突撃」「伏兵」があるならなお良しです。

 
2013-02-03_05-55-37.jpg 2013-02-03_06-07-01(001).jpg 2013-02-03_06-07-08.jpg

ゴール朝が街道を敷設していたため、デリーには容易に進撃。1222年陥落。
まさかゴール朝もインフラの整備が滅亡を早めるとは思ってなかっただろう……
 
2013-02-03_07-38-35.jpg
 
ここで脅威を感じた南方諸国がインド・インドシナ同盟を結びますが……まずこれは有名無実。
街道も敷設されていないし、そもそも都市同士が離れすぎている。(途中のベンガル地方には吐蕃の新都市があるしw)
援軍を送っても絶対兵糧がもたないし、全く連携は出来ませんね。
 
デリーから街道を敷設し始め、途中でカリカットとガンジス方面に三叉分岐させます。
 
今までの欧州の進撃スピードと比べると、やはり待っている時間が長いです。
敷設待っているより平行進撃したほうが早いかと、師団をカリカットに走らせますがこれは下策でした。
山林では騎兵師団と歩兵師団の進撃スピードがほぼ同じ。ゲハァ。
 
 
2013-02-05_18-35-28.jpg 2013-02-05_18-42-54.jpg
 
恐ろしく時間がかかって進軍。フビライのベトナム侵攻の気持ちが分かりました。
カリカット包囲する頃にはもう少しで兵糧切れ。
 
これ以降インドシナ方面への進撃は、街道が95%くらい完成してから師団編成することにしました。教訓。
 
2013-02-05_18-44-15.jpg
 
教訓を得て1225年南部インド地帯制圧。
ベンガルの新都市アバにはデリーから進行するため、三叉路を延ばします。
 
 
2013-02-06_11-14-20.jpg 2013-02-06_11-20-26.jpg
 
1227年吐蕃の新都市アバを陥落。
 
2013-02-06_11-35-43.jpg
 
この頃、南方軍に参加していた第三皇子のラルフが亡くなります。息子が先に死ぬとは……医学の都にいるとはいえ獅子帝の寿命も近いかも知れません。
 
2013-02-06_13-58-25.jpg
 
1228年吐蕃王国を脅迫にて併合します。「外交」持ち智謀100のフリードリヒ2世ならではです。
相手国王の戦闘が低くないと成功しないかな?
 
2013-02-06_19-15-04.jpg
 
現在、南部方面軍はインドシナの2国に対して密林を切り開いています。脅迫も平行して行っていますが、アンコール朝は未だ屈するつもりはない様子。
 
 
 
ここからは北方軍に目を戻します。
 
北方軍の主力はやはり弓特性が高く「連射」持ちの将軍です。「火攻」があえばなお良し。
彼らに帝国ユサールである狩猟騎兵を先行させて目標都市を包囲し、後続で十字軍歩兵・火砲兵混成の攻城部隊を送るおなじみの方法です。
みんなが弓騎兵得意というわけではないので、戦闘・騎馬特性の高い将軍の騎士師団を護衛につける感じです。
北方中原地帯は敦煌以外馬が産出されるので、消耗品としてぶっつけて問題ありません。
 

2013-02-02_01-53-34.jpg 2013-02-02_01-55-53.jpg

1221年、西遼のベラグサンを包囲陥落。

2013-02-03_08-38-10.jpg 2013-02-03_08-34-36.jpg
2013-02-03_08-38-22.jpg 2013-02-03_08-43-23.jpg

余勢を駆って1222年、更に西遼のクチャを包囲。守るは旧ホラズム・シャー朝の勇将チムール・メリクですが、帝国の圧倒的火力で押し潰します。
この先は遂にモンゴル領。現状のモンゴルはモンゴリア3都市に加え、敦煌・興慶を支配下に押さえた地方帝国です。

2013-02-04_13-50-01.jpg

獅子帝は学術の栄えた帝都ダマスカスで数多くの子弟を育てましたが、その中でも特筆すべき皇子がこの頃成人します。
エドガー1世は、以後北方軍の有力な将軍として一角を担うことになります。

2013-02-04_17-03-38.jpg

一方で1224年、国境を接したところで東方の巨人が倒れます。
獅子帝との直接対決が叶わなかったのは残念ですが、長生きしたほうが歴史上の勝利者ということなのでしょうか。

2013-02-05_01-50-33.jpg 2013-02-05_01-56-35.jpg
2013-02-05_02-07-51.jpg

いずれにせよ勇猛なだけの新ハーン・チャガタイでは、エルサレム帝国の精鋭軍を相手にするには力不足です。
即位したばかりのチャガタイ=ハーンを馬の産出しない敦煌に囲み、実力の発揮できないモンゴル帝国との緒戦を征します。
獅子帝は捕らえた大ハーン・チャガタイを解放します。

2013-02-05_13-27-00.jpg
 
助命されたチャガタイは、トーラから近隣諸国に同盟を呼びかけます。
悪い考えではありませんが、現在の中華地方はモンゴル・金・鎌倉幕府の三つ巴血みどろ状態。この因縁の三者が一致団結して事に当たれるとはとても思えません。
エルサレム帝国より文化度の遅れた連中に蛮族呼ばわりされるとは笑止千万。各個撃破あるのみです。
 
2013-02-05_21-46-24.jpg

東方同盟を尻目に、北方軍は対モンゴルの戦略を立てます。
ユサールの補充できない敦煌は防御に専念した城塞都市と化するため、バグダードで行ったように長城で取り囲みます。
一方でモンゴリア方面から制圧するため、後方のクチャに北方軍総監部を置き、ここより平原を横断して直接トーラに街道を敷設していきます。
 
2013-02-06_14-16-14.jpg

モンゴルの勇将達と散発的にモンゴリアで遭遇戦が行われますが、帝国ユサールは常に場所と機会を選び先制攻撃から騎馬戦のイニシアティブを握ります。

2013-02-06_12-30-26.jpg 2013-02-06_12-36-07.jpg
2013-02-06_13-03-48.jpg

1227年、名将フィリップの率いる攻撃軍がトーラを包囲。チャガタイを相手にフィリップ将軍が混乱させまくります。
振り返ればこれが彼の最後の輝きでした。

2013-02-06_14-00-19.jpg

1228年に降伏した吐蕃には亡命の将チムール・メリクがいました。彼は帝室の外戚となり北方軍へと加わります。
 
2013-02-06_15-47-55.jpg
 
1229年フィリップ2世がモンゴリアにて亡くなります。思えば長年の獅子帝の戦いでは、彼の存在が常に敵・味方として外すことが出来ないものでありました。
70を超えたダマスカスの獅子帝は、この悲報をわずかに顔を歪めて聞くのみでした。
 
2013-02-06_17-47-34.jpg 2013-02-06_18-58-19.jpg
 
トーラに橋頭堡を築いた北方軍は、ゴルゴナクとオノンを喪が明けた電撃戦で1229年に落とします。
 
2013-02-06_21-45-41.jpg 2013-02-06_23-16-10.jpg

平原を追われたモンゴルは、最後の拠点興慶からトーラを直接狙うべく進撃しますが、既に蒙古騎兵は徴兵できません。
一方で戦線の延びきったモンゴルに対し、ゴルゴナクからクチャに街道を回り戻った帝国ユサールが、敦煌方面より退去して押し寄せます。

2013-02-06_23-16-44.jpg 2013-02-06_23-18-14(001).jpg

1231年、天才チンギス=ハーンの築いたモンゴル帝国は2代にしてその歴史に幕を閉じます。
この年獅子帝75歳、その意気未だ衰えず。
遂に中華地方にキリスト教の世界帝国が直接進撃します。
 


 
 
ここからはブラゲリンドリのおまけ。
 
2013-02-05_12-47-40.jpg
 
ボス戦遭遇時のいきなりのセリフに思わず吹きました。本人に言わせればリングでのイメージトレーニングをしていたと言い訳していましたが……w
 
2013-02-06_23-26-14.jpg
 
オイラは巨乳+腹筋がツボなのだと、再度認識しました……
 
2013-02-06_13-23-24.jpg 2013-02-06_13-23-34(001).jpg
 
このゴルゴンってねーちゃんは、言動が蛮人クローヴァさんに似たものを感じ、親近感が持てます。
 
2013-02-06_10-51-52.jpg
 
この巨乳腹筋の汐崎ちゃんも、気のいいねーちゃんで好きなのですが、あまりMAXスペックが高くないのでスタメン落ちしそうではあります……
 
関連記事
スポンサーサイト

« 世界を征服した男 マッチングし得ない化学反応 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
天気予報
 
プロフィール

黒豹

  • Author:黒豹
  • Qilinmon from en.wikipedia.org
    Licensed under the GFDL

    当ホームページに記載されている画像・著作権・著作物・会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。
     
    <DragonQuestX>
    シルウィア/オーガ・女・Lサイズ 
     

     
    試験勉強優先なので、すっかりエンジョイ勢です。
    パラ・戦士・魔戦あたりを一応のメインと自称してます。大盾を使える職たち。
     
    自宅は一応ウェルカム設定です。
    ガタラ水没 8973-6
     
    © 2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
     
    ↓休眠中のMMOキャラ達 
     
    <Ragnarok Online>
    Magni→Vali鯖。メインは献身だったが、基本的にはAGIパッシブな職でザクザクソロするのがストレス解消になる脳筋。
     

    一応メインだった献身RG147/50。
    V120>>S80=D80>A70=I70>>>>L1 と比較的フラットに振り直してみた。
    もういっちょ振り直し権保持。
    虎靴なんざ無いのでアンティ散財しないと臨時入れない。
     

    RR弱体化でどうすべきか考えていたRK114/45。
    S90>A80=V80>>D30>>I12>L1 ステもスキルも迷走中だが振り直し権は保持。
    大規模狩りの釣り役が廃れそうで、INTを上げてスキル狩り出来るようにすべきか……地デリ本帽に頼っていけるか……
     

    元ネタは高校時代にWARES_BLADEというTRPGで作った斧使いの女戦士。キャラクタープレイ第1号でした。
    まぁ一応ドカタにはなりました。けどRRではドカタ厳しくなった?
    現在109/41。S120>>>V60>A50>>>I1=D1=L1
     

    金策ちゃん2号。こいつもWARES_BLADEのキャラでダングス公王朝の妾腹の盗賊姉ちゃん。
    ROでは盗作砂葱。現在76/45。
     

    AGI素騎士:82/49
    スイッチアサシン:89/50
    パッシブ発勁モンク:94/50
    短剣豆:54/18
    殴りプリ:71/38
    水火ウィズ:68/30
    付与セージ:65/30
    AGIケミ:70/1
    おつかいスパノビ:99/1
    支援プリ:59/20 とかとか
     
    このサイト内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
    © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
    © 2016 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
    なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
     
       
    <FinalFantasyXI>
    ラグ鯖/Silvialancaster
     

     


    メインナイト。オハン・アルマス・イージス・エクス・アポ作成。
    FFXI自体がVU停止とのことでDQXへと時空転移。
     
    Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

     
    <大航海時代Online>
    Notos鯖。課金停止。
     

    ↑左右目の傷が逆だけど、雰囲気ある顔立ちにキャラメイク出来た。
     
    シルヴィア.L:
    Notosイングランド運び屋 一等勲爵士 43/46/52 倫敦武装商会所属
    ミランディー:
    Notosイングランド用心棒 准六等勲爵士 19/45/17 倫敦武装商会所属
    エンドラ大尉:
    Notosイングランド薬品商 六等勲爵士 22/42/20 ラグーン商会所属
     
    (C)2016 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
リンク(プルダウン表示)
カテゴリ(ツリー表示)
 
ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)

presented by ネット旅行.com
最近の記事
最近のコメント
年別アーカイブ一覧
最近のトラックバック
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。