スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小飛姐、中華に舞い育つ。

02 27, 2013 | Posted in 三國志X | Thema ゲーム » ゲーム

0 Comments
其の姐、漆黒の鎧に血を流したが如き一丈の紅巾を首に流す。
世人は孫伯符を小覇王と呼び、彼女を小飛将と呼んだ。


小飛将に立ち向かってはならない。

そう、絶対に立ち向かってはならない。






みなさんは「呂玲綺」という人物をご存知でしょうか。

実はオイラもあまり詳しくは知りません。
 
 
詳細はここが詳しい?ような気がします。架空の人物です。

結論としては、三国志演義にて最強の武勇を持つと言われる「呂布」の娘という位置づけです。
記録では呂布が袁術と結ぶ際に、袁術の息子袁燿と結婚させようとした娘のようです。
横山三国志では、呂布の背中でおびえていた姿が思い出されます。

勿論名前は残っていません。名付け親はコーエーです。
2003年に「三國志戦記2」で設定されたようです。

横山三国志とは正反対で、父親譲りの武力>>>>知力娘というポジに収められているようです。
三國志11ではデフォルト出場しているようで……真三國無双シリーズとかのトンデモ三国志系に出ていないのが不思議すぎる気がします。
……たぶんそのうちに出るんでしょう。



だらだら読んでいるとネタが思いついたわけです。「もしこの武闘派娘が呂布死亡後も生き残ってたとしたら」

……絶対に親父の仇討ちとかに動き出すんじゃないだろうか。三國志Xの個人オペレートシステムなら結構面白いんじゃないだろうか。
このレポートはそれをやってみようと思うわけです。

三國志戦記2とか三國志11はやったことないんで、喋り方とか性格とかはオリジナルでやります。



三國志11の呂玲綺の顔は 呂玲綺JPG ←コレ です。
……生意気な顔なんで、既にシルヴィアで使っていましたね……





ryorei.jpg 呂玲綺「さぁ! 遂にアタシの出番だよ!」

san10sil2.jpg 某シル女「悪いな( ̄ー ̄) 早い者勝ちで。」

ryorei.jpg 呂玲綺「!! お前誰だ! 勝手に人の顔使いやがって!!!」

san10sil2.jpg 某シル女「( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)」





ryorei.jpg 呂玲綺「……ちっきしょう……これじゃ無様でしょうがない……あー、もうこうなったらイメージチェンジだ;;」



(ネット上でアタシのいいのがあったじゃん……髪の毛結って、鎖鎧着て……)



ryorei2.jpg 呂玲綺「……とりあえずこんなもんか。おいさっきのクソ女! 中華で出会ったら即突き殺してやるからな! 覚悟しろ!!」

san10sil2.jpg 某シル女「残念ながら私は今回の出番は無い( ̄ー ̄) 頑張って中国で暴れてくれたまへ( ̄ー ̄)ニヤリッ」


……てなわけで、シルヴィア系の新武将は使いません。




2013-02-26_17-04-16.jpg 2013-02-26_17-05-38.jpg 2013-02-26_17-10-43.jpg

シナリオは4。呂布は西暦198年に殺されており、その2年後の200年丁度より。官渡の戦いの直前です。
反三国志・花関索伝・無双シリーズ等で出場の、外伝的女性武将達を新武将で追加します。


呂布の娘・玲綺は、父の落城の際乳母の導きもあり、両親とは別に下邳城を落ち延びることが出来た。
乳母の郷里は遠く蜀の国であり、玲綺は中原の混乱を避け蜀にて隠遁していた。
父譲りの膂力は蜀でも並ぶ者無く、更に独自で騎射や槍剣の技に磨きをかけていたが、漢朝で大きな権力を築きつつある曹操に配慮して自分が呂布の娘であることを吹聴するようなことはしなかった。

西暦200年、乳母が流行り病で亡くなり彼女は霊前に向かう。

ryorei2.jpg
「アタシの生きる目的は一つだ。無念の死を遂げた爸爸(パパ)の仇を討つ。」

「一、車騎将軍曹操を討つ。爸爸の直接の仇だ。爸爸の愛馬の赤兎馬も取り返す!
 二、左将軍劉備もだ。爸爸が曹操に帰順しようとしたときに、こいつが爸爸の事を信用できないって曹操に吹き込んだから殺されたんだ。ある意味曹操より憎い男だ!」

玲綺は蝋燭の火を消すと、漆黒の鎖鎧に袖を通し愛用の槍を手にとって草庵を発つ。



2013-02-26_17-11-16.jpg

呂玲綺さんです。能力値その他は三國志11を流用しましたので、200年時点で19歳です。
上二つの能力値は優秀ですが、頭関連のほうが当然ながら残念ですね。まぁここは執念でカバーです。
技能はランダム付与される中で比較的それっぽいのを選びました。

2013-02-26_17-12-48.jpg

参考までに故・爸爸の能力値です。全体的に娘の能力値は若干平均的になっていますね……



乳母の育てもあり、玲綺は粗暴な気はあったもの正義感のある娘だった。

2013-02-26_17-19-44.jpg

父の亡くなった中原の状況を見てみようと旅をする一方で、各街の困っている人をみつけると助けずにはいられない玲綺。



流れて曹操の本拠である帝都・許昌へ。100万を擁しようというその日の出の勢いの軍勢を、政庁の下から玲綺は見上げる。

ryorei2.jpg
(ちっくしょう……こんな大軍を擁しやがって。隙あれば政庁に乗り込んで曹操を一突きしてやろうと思ったのに、こんなんじゃ超人的な爸爸だって乗り込めないよ……)

政庁に背を向ける玲綺の耳に飛び込んだ兵士中隊長の一言が、彼女の行き場所を決めた。

「……陳瑠の張中郎将がな……」

ryorei2.jpg
(張中郎将って、確か爸爸の部下だった張文遠のことだったはず……)





2013-02-26_17-30-12.jpg

数日後、陳瑠駐在の張遼は酒場に差出人の名の無い文で呼び出される。
ただの悪戯かとも思われたが、それにしては下邳篭城の頃のことが克明に記されていた。
……意図によっては相手を斬らねばなるまい。

見覚えのある体躯のよい娘が、柱にもたれつつ腰掛け黄酒を舐めていた。

chouryo.jpg
「玲綺姫か……何故車騎将軍の領土にお出でになる。世間では奉先様が良い評判ではないこともご存知かと。」

嘆息して玲綺と向かい合って腰掛ける張遼。

ryorei2.jpg
「誰が評判を悪くしたのさ。曹操か。劉備か? それともアンタ、文遠さんが吹聴してるわけじゃないんだろ?」

chouryo.jpg
「お戯れを……それがしは姫様の身を案じて申していること。私でない車騎将軍の手のものに知れましたら、ただ事では済みませんぞ。」

若干の空白の時間が流れる。

ryorei2.jpg
「……率直に言うよ。張文遠どの、アンタの助けが欲しい。アタシの目的は一つだ。」

chouryo.jpg
「……愚かですぞ。世の気運をご覧なさいませ。今の漢朝の隆盛を支えるには車騎将軍の力は必須なのですぞ。」

ryorei2.jpg
「関係ないよ! アタシは爸爸の仇を討ちたいだけなんだ。
 曹操は・世間は爸爸のことを虎狼だっていう。そうなのかも知れないね。
 でもさアンタ、アンタだってアタシにしてみたら裏切り者そのものじゃないか! 恥ずかしくないのかい!」

chouryo.jpg
「言い訳はいたしますまい。確かにそれがしは主君を変えて武官を続けております。恥以上に天下にこの力を役立てるために生きております。」

ryorei2.jpg
「……アタシはね、頭があんまり良くないから道理とかはよく分からないけれど、爸爸が殺されたのを黙って見ていられるほどに冷めて生きられないんだ。
 最後の頼みと思って文遠さんのところに来てみたけど、これじゃまた許昌に戻るしかないね。」

張遼は嘆息する。この娘は飛将軍に比しても無謀すぎる。だが、その分純粋であるとも感じられた。

chouryo.jpg
「姫様、自暴自棄になってもしょうがありませんぞ。文遠、確かに今は車騎将軍の配下ではあります。
 誤解を恐れないで申し上げれば、下邳での奉先様は追い詰められていて疑心暗鬼になられておりました。
 そのような中で我々も盲目に奉先様についていくことには限界があったのです。」

沈んだ目で見上げる娘の気持ちを撫でるように張遼は続ける。

「男子としては快男子だったのですぞ。お父上は。ただあの時は我々全員がお父上を担ぐのには限界があった。
 ……姫様のお力にはなりとうございます。今すぐに、とは申せません。それがしにも立場がございます。家族もございます。」

曹操への忠義も考えつつ、もし、の可能性を交えて結んだ。

「姫様がもし、奉先様の武勇に仁君としての徳を合わせ持つような名将軍であられるなら、それがしも迷わずお仕えするでしょう。
 姫様、姫様は車騎将軍と向かい合うなら、それだけの力が必要です。」

ryorei2.jpg
「将軍かい……」

chouryo.jpg
「全くの無理ではございますまい?」

声をひそめて続ける。
「それがしも車騎将軍に命を救われ・見込まれて仕えた恩義はございます。しかし北に袁大将軍あり、荊州には後背定かではない劉刺史もございます。未だ車騎将軍の周りには敵がございます。
 その中で姫様がどのように立ち回るか……奉先様に比する武芸の腕があれば、ですが。」

(曹孟徳にはそれに上回る知恵があるが)と思いつつも、玲綺を見つめる。

ryorei2.jpg
「……わかったよ。爸爸以上の将軍になってみればいいんだろ。爸爸は裏切り者だから殺されたんだ。だから私はもう誰も裏切らない。
 そうして実力を持って、アンタの前にもう一度現れればいいんだろ?」

立ち上がる玲綺を見つつ、張遼は声をかける。

chouryo.jpg
「姫様、それがしすぐに姫様の配下とはなれませぬ。
 しかし、歳の離れた家族としてならお力にはなれますぞ?」

恨めしそうな目の玲綺。

2013-02-26_17-41-38.jpg

「義兄妹として結縁したことは、誓って内緒といたしましょう。それがしもそのほうが安全でございます。
 ですが、もしお父上を超える力をその純粋なお心をお持ちのまま立ち上がることが出来ましたなら、この文遠」

声をひそめる。

「馳せ参じるでございましょう。」




目頭が熱くなった。手巾で鼻をかむ。顔を背けて言う。

ryorei2.jpg
「いい人のまま頑張るよ! それでいいんだろ!
 絶対にその言葉忘れんなよ!」

chouryo.jpg
「姫様にもう裏切り者呼ばわりはされとうございませんからな。」カラカラと笑う。

(この判断、間違いかもしれんが、この娘放っておけん。この文遠も男子だ……)
曹将軍に救ってもらった命を投げ出すか、と自嘲しつつも、こう思わせるだけの魅力がこの娘にもあると気がついた。



2013-02-26_18-17-35.jpg 2013-02-26_18-43-11.jpg
 
その年末から翌春にかけて曹操は袁紹の勢力に決定的な打撃を与える。
袁紹軍閥は後継問題で瓦解する。



情勢を尻目に玲綺は内心焦ってはいたが、自分の実力はあまりに曹操とかけ離れていることは自覚していた。

ryorei2.jpg
(曹操を倒すには、曹操以上の軍勢を率いれるようにならなきゃいけない。でも爸爸は戦場では曹操以上に渡り合ったのに、人心を失って死んだ。
 人の上に立つには、その人のことを分かってあげないといけないんだ。)

2013-02-26_18-47-16.jpg 2013-02-26_18-58-25.jpg

貪欲に学び、しかし謙虚に人々の暮らしを旅すがら見つめる玲綺を、呂布の娘と知った上で理解してくれる男達もいた。
荊州の士・李厳、征西将軍馬騰の長子・馬超。彼らから時に学び、時に槍を交え、やがては結縁するに至る。
本を読むことが苦手な玲綺はもっぱら李厳から口頭で将のあり方を学び、馬超と稽古しながら(爸爸はこれぐらい強かったんだろうな)と思いを馳せた。




ryorei2.jpg
「凄いよね、正方さんは。槍の腕前も一流なら頭も切れる。
 あーあ、アタシも少しか正方さんの脳みそ分けて欲しいよねー。」

伸びをする玲綺を李厳は笑う。

rigen.jpg
「上には上がいると申しますしな……離れた呉の国には、若き俊才がいると。
 それがしが人相者に見てもらったときは、それがしに比してその者の話を聞きましたな。」

ryorei2.jpg
「呉に正方さんより頭いい人なんていんの……?」





呉に来て海を見るのが初めての玲綺だった。

ryorei2.jpg
「すごっ! 大河が流れてここに繋がってるのか! この向こうはどうなってるんだろ!」

思わず口に出してしまった玲綺を、離れたところに立っていた若者が笑う。
歳は玲綺と同じくらいか。

rikuso.jpg
「あはは……呉の人……じゃないんですよね。旅姿だし。海が初めて?」

ryorei2.jpg
「あー……最近は山育ち……だったかも。色々うろうろしてたんだけどさ。」

同年代の気安さもあり、玲綺は若者と歓談する。

rikuso.jpg
「玲綺さんは女性で旅をしてるってのが凄いですよね。まだあちこちに黄巾の残党もいるし。でも鍛えてそうだし、僕なんかよりはずっと強そうだ(笑)。
 あ、変な意味で言ったんじゃないですよ! 純粋に凄いなぁって。」

蜀を出たばかりの復讐鬼・玲綺ならムッとしたかもしれない。
だが既に蜀を出て様々な人々に触れて、人の気持ちを分かろうという努力を身に着けていた。

ryorei2.jpg
「爸爸がかなり強くてさぁ……(笑)、爸爸に習ったのはそんなに長くなかったんだけど、血はあるだろうね。背もこう大きいしさ。大きい女って変だろ?」

rikuso.jpg
「そんなことないですよ! かっこいいと思います。僕は好きだなぁ。」

言って照れる若者。言われて悪い気持ちはしない玲綺。

ryorei2.jpg
「でもアタシ、学のほうは全然だからさぁ。
 こっちにも、凄い秀才がいるって聞いたから探しに来たんだ。アンタ頭良さそうだし知らないかな? 陸伯言っていう人なんだけど。
 アンタがその人だったら、探す手間省けて良かったりしてね(笑)」

rikuso.jpg
「……的中って奴ですよ! 僕が伯言ですね。
 僕はそんなに凄いって思い上がってないつもりなんだけど……でも僕に御用ってなんですか?」

陸遜。史実ではまだその名を知られていなかった俊桀であった。



玲綺は勇気を出して、自分が飛将軍呂布の娘であることを明かす。
父の仇を討ちたいこと、だがその為には人の上に発つ器にならなければいけないと学んだこと、自分の学が足りないが故に、自分の頭脳を補ってくれる人を探して旅をしていること。

ryorei2.jpg
「アタシが曹操に喧嘩を売ろうなんて、そりゃあ無謀だって分かってる。爸爸の評判だって悪いさ。
 でもアタシが人の心を大事にして戦うならば、その時は共に立ち上がってくれるっていう人もいる。
 アタシはもう一人で戦っているんじゃない。この双六は下りられないんだ。
 無茶無謀って言われてもいい。アンタ頭良さそうだ! アタシの力になってくれないか!」



陸遜は考え込む。袁紹を破った曹操は、恐らくは天下を統一出来る第一候補だろう。
万が一対抗勢力になりえるとするならば、ここ長江を挟んで割拠する孫策か。彼は孫策に賭けて己の力を試そうとも思っていたのだが……

rikuso.jpg
「玲綺さんは僕が力になれないって答えても、やっぱりお父上の仇はあきらめないですか。
 それで戦で無用の多くの血が流れることになろうと思いますが。」

ryorei2.jpg
「結局はそれがアタシの生きている理由だからね。この先親の仇が牛耳る国でコソコソ生きていくことなんてイヤさ。
 もしアンタが力を貸してくれなくても、アンタに及ばなくても仲間を探して、いつかは戦うよ。」

張遼に言われて、李厳から学んで、今の自分の考えを正直に話す。

「それにアタシが戦わなくたってまだ袁紹の残党はいるし、ちょっと田舎へ行けば黄巾の山賊だろ? こっち長江側来たって、曹操なんのそのっていう人多いじゃないか。
 アタシが戦う戦わないは関係ないよ。まだ血は流れるさ。
 
 もしアタシが頑張れるなら・人のために頑張れるなら、ひょっとしたら一日も早く戦が終わるのかも知れないじゃないか。
 ……そうでなくちゃ、人引っ張って戦うなんて悪いなって思うけどね……
 曹操が戦いを静めるか、アタシが静めるかって違いさ。その過程では仇を討つよ。」


黙って聞いている陸遜。


rikuso.jpg
「……なんか話に聞いていた呂将軍の印象とは結構違いますね。貴女は優しい人だ。」

言われて照れる玲綺。ウソだろ!? このアタシが優しいだなんて……あ、爸爸妈妈乳母だけは言ってくれてたか。
陸遜は少し考える。

rikuso.jpg
「もう少し、考える時間もらっていいですか? 今答えを出すには僕達は出会ったばかり過ぎるし。
 三日に一度は僕はここに来て休みますし、お互いに話をして、考えながら答えを出させてください。」

そうして陸遜との交友が始まった。





歳は玲綺が一つ上だった。李厳の知らないことを年下の陸遜はたくさん教えてくれた。
玲綺は陸遜の賢さ・優しさに惹かれ、陸遜は玲綺の純粋さ・優しさに惹かれていった。

ryorei2.jpg
「頭いいくせに、おかしいよ……こんな男女捕まえなくなって、いくらでもキレイな女の人いるじゃん……」

めちゃめちゃ照れる玲綺に、かまわず陸遜は求婚した。
それは同時に、玲綺の無謀な旗揚げを一生支えようと決意した告白だった。

rikuso.jpg
(どっちにしろこの人は曹操に戦いを挑む。そうしたら多分いつかは死んでしまう。
 父親の呂将軍は暴君だったのかも知れないけれど、この女性は違う。人の痛みを知っている戦士だ。
 僕が思いっきり挑む相手として曹孟徳は不足は無いし、それでこの純粋な女性を助けてあげられるかも知れない。
 男子と生まれ・腕を振るうには、天が与えてくれた最高の機会かも知れない。)

2013-02-26_19-48-06.jpg

照れる玲綺を押し切る形で二人は結婚した。呂玲綺の武勇と陸遜の知謀のコンビが生まれた瞬間だった。





李厳・陸遜と顔を突き合わせ玲綺は考えていた。陸遜が言うには、そろそろ立ち上がって根拠を構えなくては曹操の天下を押し返す可能性が極度に狭まるのだという。

ryorei2.jpg
「アタシら黄巾の山賊じゃあない。やるからには人のために思われたい。
 そんないい場所あるのかな。」

rigen.jpg
「曹操の根拠地たる河北・中原から離れるべきなのは当然です。江南を圧している孫策と接しているのも面倒ですな。
 消去法でいけば玲綺殿のいた巴蜀方面かと。」

rikuso.jpg
「……ある話を聞いていましてね。漢朝の統治が及んでいなく、賊に苦しめられている地方の話を。」

李厳と玲綺は陸遜を見た。




荊南は零陵郡、黄巾や蛮族に波状的に略奪されている地域に玲綺は向かった。率いるは1万の私兵。

2013-02-26_19-50-22.jpg

ryorei2.jpg
「ふっざけんなよお前らも曹操も劉表も! こんな街村守れないで何が漢の将軍だ!」



2013-02-26_19-51-34.jpg 2013-02-26_19-51-37.jpg

感謝する人を前に、玲綺は正直に自分が呂布の娘であることを明かした。
自分はここを中心に治安を守る一方、曹操と戦いたいということ。その為に皆に兵として戦って欲しいという無理を押し付けることも、たどたどしい言葉で語った。

ひるむ者も当然数多くいる中、陸遜が(自分が代わって大義を語るべきか)と思いかけた時、玲綺に向かってやってくる男達も想像以上にいた。

hei.jpg
「難しいことは分かりやせんが、姐さんは俺らに分かる言葉で話すし、食い扶持くれるってんなら着いてきますぜ。
 どっちにしろこのままじゃ俺らが山賊になっちまうしかない。」

賊や蛮族に農村を追われた男達だった。
この瞬間玲綺は(これはもう仇討ちや治安維持じゃない、食わせるための戦なんだ)と、改めて責任を感じるのだった。


2013-02-26_19-56-31.jpg 2013-02-26_19-56-42.jpg 2013-02-26_19-57-46.jpg

chouryo.jpg
「結局姫様が意地を通し抜きましたな。」

張遼が家族を連れて曹操を出奔してきたのだった。力強く彼の手を握る。


涼州からは、馬超の「父の後継をしなければならない」詫びと「自分の代わりに妹を使って欲しい」旨をしたためた書状を携えた、馬雲騄もやってきた。

馬雲緑
「男ってこれだから頼りにならないわよね。兄さんほどじゃないけど、やれるだけやるわよ。」

馬超と交友していたときに「俺にも男顔負けな妹がいてな」と紹介されて以来の仲だった。
正直なところ、女が増えたのは心強い。



曹操に「ここに呂布の娘が健在だぞ」と喧嘩を売ってからは多忙の毎日だった。
陸遜や李厳に教えを請いながらも苦手な決裁をこなしていた日のこと、陸遜が玲綺を呼ぶ。

rikuso.jpg
「やっと届いたんだ。掘り出し物があるって聞いててね。凄いよこの刀は。」

2013-02-26_20-06-27.jpg

そう言って陸遜が渡してくれたのは、故王允の宝刀だった。
軽い、が、軽すぎない。適度な重心と露を湛えたような刀身は触れるのが躊躇われる。

欠けたらやだなと躊躇したが、刀身の迫力に押され思い切って庭石に振り下ろしてみる。
酪乳のように斬れる。信じられなかった。目を剥く。

ryorei2.jpg
「いいの……? こんな刀、天下の名品って奴でしょ。めちゃくちゃ高かったんだろうし……」

rikuso.jpg
「僕が下げているよりはずっと役に立つと思うよ。いざというときはちゃんと守ってね奥さん(笑)」




大分脚色しましたが、義兄弟を集め、配偶者まで得て旗揚げしましたところまでです。
陸遜と同年代ってのがバランスがいいですね。ずっと一緒に戦ってもらうことになりそうです。

2013-02-26_19-58-42.jpg

曹操がでかい! イベントで膨らんでます。東の孫策も不気味だ。
呂布の娘は、無事生き残れるのでしょうか。

当初はもっと粗暴なイメージでやるつもりでしたが、書いてるうちにキャラづけが変わってきましたね。
親父の汚名を背負った上で、どこまで義戦が出来るかです。

関連記事
スポンサーサイト

« 小飛姐、国を育て人を育てる。 建国 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
天気予報
 
プロフィール

黒豹

  • Author:黒豹
  • Qilinmon from en.wikipedia.org
    Licensed under the GFDL

    当ホームページに記載されている画像・著作権・著作物・会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。
     
    <DragonQuestX>
    シルウィア/オーガ・女・Lサイズ 
     

     
    試験勉強優先なので、すっかりエンジョイ勢です。
    パラ・戦士・魔戦あたりを一応のメインと自称してます。大盾を使える職たち。
     
    自宅は一応ウェルカム設定です。
    ガタラ水没 8973-6
     
    © 2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
     
    ↓休眠中のMMOキャラ達 
     
    <Ragnarok Online>
    Magni→Vali鯖。メインは献身だったが、基本的にはAGIパッシブな職でザクザクソロするのがストレス解消になる脳筋。
     

    一応メインだった献身RG147/50。
    V120>>S80=D80>A70=I70>>>>L1 と比較的フラットに振り直してみた。
    もういっちょ振り直し権保持。
    虎靴なんざ無いのでアンティ散財しないと臨時入れない。
     

    RR弱体化でどうすべきか考えていたRK114/45。
    S90>A80=V80>>D30>>I12>L1 ステもスキルも迷走中だが振り直し権は保持。
    大規模狩りの釣り役が廃れそうで、INTを上げてスキル狩り出来るようにすべきか……地デリ本帽に頼っていけるか……
     

    元ネタは高校時代にWARES_BLADEというTRPGで作った斧使いの女戦士。キャラクタープレイ第1号でした。
    まぁ一応ドカタにはなりました。けどRRではドカタ厳しくなった?
    現在109/41。S120>>>V60>A50>>>I1=D1=L1
     

    金策ちゃん2号。こいつもWARES_BLADEのキャラでダングス公王朝の妾腹の盗賊姉ちゃん。
    ROでは盗作砂葱。現在76/45。
     

    AGI素騎士:82/49
    スイッチアサシン:89/50
    パッシブ発勁モンク:94/50
    短剣豆:54/18
    殴りプリ:71/38
    水火ウィズ:68/30
    付与セージ:65/30
    AGIケミ:70/1
    おつかいスパノビ:99/1
    支援プリ:59/20 とかとか
     
    このサイト内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
    © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
    © 2016 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
    なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
     
       
    <FinalFantasyXI>
    ラグ鯖/Silvialancaster
     

     


    メインナイト。オハン・アルマス・イージス・エクス・アポ作成。
    FFXI自体がVU停止とのことでDQXへと時空転移。
     
    Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

     
    <大航海時代Online>
    Notos鯖。課金停止。
     

    ↑左右目の傷が逆だけど、雰囲気ある顔立ちにキャラメイク出来た。
     
    シルヴィア.L:
    Notosイングランド運び屋 一等勲爵士 43/46/52 倫敦武装商会所属
    ミランディー:
    Notosイングランド用心棒 准六等勲爵士 19/45/17 倫敦武装商会所属
    エンドラ大尉:
    Notosイングランド薬品商 六等勲爵士 22/42/20 ラグーン商会所属
     
    (C)2016 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
リンク(プルダウン表示)
カテゴリ(ツリー表示)
 
ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)

presented by ネット旅行.com
最近の記事
最近のコメント
年別アーカイブ一覧
最近のトラックバック
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。