信長の野望 国際版

07 29, 2016 | Posted in Europa Universalis III | Thema ゲーム » ゲームプレイ日記

0 Comments
DQX課金停止しました。
 
ダークキングが面白くないんですよね。レグナードは面白かったのですが。
 
そうなると他のコインボス?となりますが、特にSキラマもモグラも牙王も輪王にも食指がなぜか動きません。
毎日キラマラと討伐買いとピラだけのDQXに飽きた、ってところです。
休んでみます。
 
 
今は8/24のTree of SaviorのOβに興味がありまして、それまで趣味は繋ぎの時期ですね。
 
そんなわけででつまみ食いです。
 
 
昔、GE・TENというゲームシリーズがありました。(I~III)
織田信長が本能寺の変で死ななければ、というシミュレーションで、IIは1650年まで、
IIIは世界征服に乗り出して1999年まで遊べたものだったようです。(ネットで調べた)
I~IIはEGGで出来るみたいですね。

IIIはやったことがあるんですが……コンセプトは面白かったのですが、ゲームとしては……だったんですよね。
(開発者さんのブログがココ

そのコンセプトをEU3でやってみようかなぁと。
 
2016-07-28_02-42-49.jpg
 
織田信長は1973年7月京都の足利義昭を追放し、足利幕府は事実上消滅しました。
信長は正親町天皇と会見し、ルイス・フロイスらから得た知識を元に地球儀で西欧諸国の東南アジア進出を説明し、日本の統一が可及的速やかに為されねばならないことを説きました。
正親町天皇はそれに納得され、本願寺勢力と越後の上杉謙信に呼びかけ信長と講和させることに成功しました。
織田信長には本願寺勢力への宗教的弾圧を停止することを承諾させ、引き換えに本願寺勢力には保有武力の大幅削減の条件を飲ませました。
 
政治体制としては、正親町天皇承認の元、関白となった信長が間接的に政を行い、軍事的には太政大臣となった謙信が地方諸勢力に呼びかけるという形となり、
ここに正親町天皇の下、一応の惣無事令が実現することとなりました。
 
織田信長は天皇家の権威を借りて、国外勢力への本格的な対応を始めました。

 
 スタートを何年何月に設定するかで少し考えました。
 結果的には足利幕府が消滅した4ヶ月後の1573年12月としました。
 
 EU3はHttT日本語版です。
 日本プレイならDWもあるべきなのでしょうが、今から入手するのは高価ですし、バグだらけと聞きました。
 それにちまちま日本統一はしていられない気持ちですし、HttTのままでいーや。
 設定はバニラで難易度も全てデフォルトです。
 プロヴィンスの売却などで、不自然な西欧化はしないものとします。
 
 
関白織田信長 「さて、EU3での1573年の日本の状況を確認しようか。」
 
2016-07-28_02-45-35.jpg
 
太政大臣上杉謙信 「帝におかれましては、内政4・外交3・軍事5という能力であらせられるか。」
 
信長 「軍事がなぜ5……と思わないでもないが、日本人でも正親町天皇の能力など分からないだろうしな。
    ましてやスウェーデンのパラドックスインタラクティブのデザイナーが、だ。
    帝ご自身で何かをなさっていただくということには、期待すべきではないだろうな。」
 
2016-07-28_02-45-46.jpg
 
謙信 「信長殿が射撃2・白兵4・機動5、某が射撃2・白兵3・機動4という能力設定にはいささか不満が残るな。
    信長殿の機動5はともかくとしても、射撃2は低かろうし、某の白兵が信長殿より低いとはいささか心外なり。」
 
信長 「まぁこれも、スウェーデンのパラドックス(以下略)だな。
    某と謙信公の能力値に関しては、史実での勢力範囲の違いが影響しているのかもしれん。」
 
2016-07-28_02-47-15.jpg
 
信長 「技術レベルに関しては満足すべき値だろう。国策も当初から2枠持っているので、すぐに植民地政策を採ることが可能だ。」
 
謙信 「植民地とな。国内が一応の統一を見せたから、外征に乗り出すのか。」
 
信長 「残念ながら、史実のサル(秀吉)のような朝鮮→明という外征は不可能に等しい。
    史実では日本には数十万の兵がおり、種子島(鉄砲)も数万は有していたが、EU3では全く異なる。
    明は数万の兵を抱えているが、日本は2万にも満たない兵しかおらず、維持限界も4万に満たない。
    おまけに史実の鉄砲兵はこのシステムでは反映されておらず、日本の歩兵は貧弱なアジア弓兵とされている。
    これでは技術に優れた西欧は勿論、兵力に相当の差がある明国との開戦など無謀極まりない。」
 
謙信 「さすればどうする。」
 
信長 「某が帝に話したのは、迫りくるイスパニアやポルトガル勢力に対抗できる国力を育てることだ。
    イスパニアはルソンにまで進出しているという。だがまだ他のシャムを始めとした南の諸島が支配しつくされたわけではない。
    そのため、イスパニア・ポルトガルに占領されつくされる前に日本としても諸島部に拠点を広げ、明に対抗できる国力を育て上げなければならない。」
 
謙信 「史実でも大東亜共栄圏とか言われる戦略だな。」
 
信長 「あわよくばイスパニアかポルトガルと結び、西欧の技術も獲得できれば、とは思うておる。」
 
 
関白信長は、早速国内の中央集権化に舵を切りますが、そのドラスティックな改革に反感を覚える勢力は多く存在しました。
 
2016-07-28_02-48-24.jpg 2016-07-28_02-53-08.jpg 2016-07-28_02-55-18.jpg
 
この反乱勢力の鎮圧に、関白信長は自ら兵を率いて臨みました。
 
2016-07-28_02-52-16.jpg 2016-07-28_03-13-57.jpg
 
国内のひとまずの鎮静化の後、信長は天皇家の皇女を一人、明へ嫁入りさせます。
これにより、明への形式的な臣従を担保にする一方、未だ明の勢力が及んでいない空白地の台湾に植民団を送り込みます。

 
謙信 「一足飛びに台湾か。琉球は素通りか。」
 
信長 「琉球はしばらくは無理だ。」
 
謙信 「何故だ。」
 
2016-07-28_03-09-30.jpg
 
信長 「琉球は1573年には既に明の属国になっておる。攻め入れば間違いなく十中八九明とも戦になるし、停戦交渉も明が相手となる。
    プロヴィンスの5~6は取らねば停戦は出来ない。自殺行為と言えよう。」
 
そして信長は、日本の政治体制に大きなメスを入れます。
正親町天皇を立てた封建君主制を変更し、数年ごとに諸大名の投票で「将軍職」として統治代表者を決め、象徴天皇に形式的に認可させるという、貴族共和制に移行したのです。

 
2016-07-28_03-38-03.jpg
 
これには天皇家支持勢力から大きな反抗がありましたが、これも信長は自ら鎮圧し、初代将軍職は正親町天皇に終身で務めていただき、以後投票で将軍職を決めていくということで大名間での決着を見ました。
 
 西欧化のためスライダーを改革に振っており、蝦夷地の改宗が望めないための苦肉の策の貴族共和制化でしたが、これが結構良い選択であったことに後で気づきます。
 
2016-07-28_03-47-27.jpg 2016-07-28_03-49-04.jpg
 
1583年に信長の忠臣である海軍大将・九鬼嘉隆が没した後、台湾の植民が終わった信長はニューギニア島のイリアンに植民団を送り込みます。
 
謙信 「えらく遠い島に植民させたものだな。」
 
信長 「初めから見えておったからの。植民距離も海軍レベルや国策で足りておったし、先々の植民政策を考えるに少しでも遠い場所に早いうちに中核州を持っておいたほうが良い。」
 
2016-07-28_03-54-12.jpg
 
そして史実に遅れること3年、1585年に織田信長も死去します。

 しかしこれは黒豹のやっているEU3。信長の野望 国際版を表している以上、信長の意志が消えるワケがありません。
 チェーザレ・ボルジアのように、以後の日本の為政者に信長の魂は憑りついていくのです……
 さすがは「どりふ」になるだけの男ではあります。
 

 
 
2016-07-28_04-17-17.jpg
 
1591年には茶道が成立します。
 
 史実より遅い気もしますが、統一された体系が成立した、ということでしょうか。
 何といっても茶を算出するプロヴィンスが必要なのに、日本には茶を算出するプロヴィンスが無いのですから(!)
 台湾の茶さまさまです。
 
2016-07-28_04-20-41.jpg 2016-07-28_04-32-57.jpg

1592年には戦国を終わらせた最後の忠臣・上杉謙信も没し、数年後には正親町天皇も亡くなります。
かねてよりの取り決めのとおり、後継将軍は諸大名選挙で選ばれた官僚出身の安達清寧 清朝が就きます。

 
 何人よ!
 内政は超優秀だけれどさ……
 
関連記事
スポンサーサイト

« 西欧化に向けての雌伏 自衛隊の部分ではないところで改憲に反対 »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
天気予報
 
プロフィール

黒豹

  • Author:黒豹
  • Qilinmon from en.wikipedia.org
    Licensed under the GFDL

    当ホームページに記載されている画像・著作権・著作物・会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    twitter @SilviaLancaster
     
    <FinalFantasyXIV>
    Silvia Lancaster ミコッテ/ムーンキーパー/Gungnir


     
    メインナイト、サブで竜騎士と学者やってます。
    仕事忙しいので、エンジョイ勢。
     
    FFXIVと違ってライオンから進化した(という設定で)猫ッテでやってみています。かわいい。
     
    © 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
     
     
    ↓休眠中のMMOキャラ達 

    <DragonQuestX> 
    シルウィア/オーガ・女・Lサイズ 
     

     
    パラ・戦士・魔戦あたりを一応のメインと自称していました。大盾を使える職たち。
     
    自宅は一応ウェルカム設定です。
    ガタラ水没 8973-6
     
    © 2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
     
    <Ragnarok Online>
    Magni→Vali鯖。メインは献身だったが、基本的にはAGIパッシブな職でザクザクソロするのがストレス解消になる脳筋。
     

    一応メインだった献身RG147/50。
    V120>>S80=D80>A70=I70>>>>L1 と比較的フラットに振り直してみた。
    もういっちょ振り直し権保持。
    虎靴なんざ無いのでアンティ散財しないと臨時入れない。
     

    RR弱体化でどうすべきか考えていたRK114/45。
    S90>A80=V80>>D30>>I12>L1 ステもスキルも迷走中だが振り直し権は保持。
    大規模狩りの釣り役が廃れそうで、INTを上げてスキル狩り出来るようにすべきか……地デリ本帽に頼っていけるか……
     

    元ネタは高校時代にWARES_BLADEというTRPGで作った斧使いの女戦士。キャラクタープレイ第1号でした。
    まぁ一応ドカタにはなりました。けどRRではドカタ厳しくなった?
    現在109/41。S120>>>V60>A50>>>I1=D1=L1
     

    金策ちゃん2号。こいつもWARES_BLADEのキャラでダングス公王朝の妾腹の盗賊姉ちゃん。
    ROでは盗作砂葱。現在76/45。
     

    AGI素騎士:82/49
    スイッチアサシン:89/50
    パッシブ発勁モンク:94/50
    短剣豆:54/18
    殴りプリ:71/38
    水火ウィズ:68/30
    付与セージ:65/30
    AGIケミ:70/1
    おつかいスパノビ:99/1
    支援プリ:59/20 とかとか
     
    このサイト内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
    © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
    © 2016 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
    なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
     
       
    <FinalFantasyXI>
    ラグ鯖/Silvialancaster
     

     


    メインナイト。オハン・アルマス・イージス・エクス・アポ作成。
    FFXI自体がVU停止とのことでDQXへと時空転移。
     
    Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

     
    <大航海時代Online>
    Notos鯖。課金停止。
     

    ↑左右目の傷が逆だけど、雰囲気ある顔立ちにキャラメイク出来た。
     
    シルヴィア.L:
    Notosイングランド運び屋 一等勲爵士 43/46/52 倫敦武装商会所属
    ミランディー:
    Notosイングランド用心棒 准六等勲爵士 19/45/17 倫敦武装商会所属
    エンドラ大尉:
    Notosイングランド薬品商 六等勲爵士 22/42/20 ラグーン商会所属
     
    (C)2016 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
リンク(プルダウン表示)
カテゴリ(ツリー表示)
 
ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)

presented by ネット旅行.com
最近の記事
最近のコメント
年別アーカイブ一覧
最近のトラックバック
ブロとも一覧