TRPG-EXPO2009スペシャル 1日目 ~箱館進撃編~

09 23, 2009 | Posted in 旅行記 | Thema ゲーム » TRPG

0 Comments
夜行列車で今朝帰ってきました。
1日ずつ分けて振り返ってみたいと思います。
 
9月19日土曜日
 
適当に起きて、適当に時刻表を眺める。札幌駅から8:31に今日からスタートする「SLニセコ号」ってのが出るみたい。乗ってみたいな。
 
一時期愛用していたパイロットケースに2泊分の着替えとゲーム道具、デジカメ代わりのNINTENDODSi、
 
HNI_0001.jpg
そして旅を楽しむための4冊の本を詰め込む。
左から、9月の時刻表・文庫サイズの函館ガイドブック・司馬遼太郎氏の「燃えよ剣(下)」・「菜の花の沖(四)」。
 
札幌駅のみどりの窓口で聞くけど、ニセコ号は既に満席らしい。うはー、シルバーウィーク。
次善の案として考えていた、「札幌から函館まで各駅停車で行ってみよう」という野望を行うことにする。
それも倶知安方面からのローカル線。
 
幼年~青年期まで、家族旅行や仕事やらで共和町までの後志地域には何度か思い出があった。
そのノスタルジーを超えて、未知の風景を見てみたいって感じ。
こんな連休でもないと、各駅停車でのんびりと行くなんてこと出来ないし。
 
みどりの窓口で、札幌→函館の普通券を希望する。
出てきたのは特急券。すいません、普通列車でなんですけど……
そりゃそうだよね。札幌から函館まで普通列車でなんて酔狂なの、あんまりおらんよね。
払い戻してもらって、改めて8:42発小樽行の普通列車に乗り込む。
 
鞄の中で、DSi用のタッチペンが見つからないことに気づく。鞄の中に落ちていないし……家に忘れたのかな。
ボールペンの先でもうまくすれば反応することを確認。でもモニターが傷つきそうだなぁ。
 
函館で合流する島田さんと、メールで今晩のスケジュールとかの打ち合わせをする。

HNI_0002.jpg
小樽市に入るとすぐに広がる日本海。内陸の市に住んでると見慣れない海。
小さい頃から「おたる水族館」に連れていってもらう度に、どきどきして見ていた巨大な海。
 
HNI_0003.jpg
小樽駅でニセコ号に追いつく。9:29。ホームで記念撮影に群がる人が沢山。
 
ここで倶知安行まで約1時間20分の空き時間がある。途中下車してぶらつく。
函館ガイドブックで素泊まりできる旅館に電話して今晩の宿を取る。この気軽さが翌日の甘さを招くことになる。
 
三角市場の呼び込みに辟易して、何となく引き返せそうな距離まで駅前を離れて歩き始める。
途中のアーケード街に榎本武揚の垂れ幕が沢山下がっていて、明治以後にも榎本氏が小樽発展に寄与したことを忍ばせるが、明日の土方氏の闘死を想像すると少し皮肉な気持ちになる。
 
途中でGEOを見つけ、ここでDSのペンを買う。
 
HNI_0005.jpg
廃線手宮線。この頃から雨がパラつき始める。
 
無料で楽しめる、旧日本銀行小樽支店の「金融資料館」で時間を潰す。結構面白い。
 
HNI_0006.jpg
市来知(今の三笠市の一部)・熊牛(今の標茶町)など聞いたこと無い地名に、日銀の出張所があったことを示す地図。
それぞれ炭鉱や監獄・硫黄鉱などで栄えた時代があったことが分かる。
 
日銀を出るとどしゃぶり。マジかよ。
やむなくタクシーを拾って小樽駅に。
 
小樽11:21発。単線2輌編成のディーゼル車。
 
空腹になってくる。余市の柿崎商店で名物のホッケ定食(ここのホッケはデカくて安くて美味い。余市へ初めて来た人にはオススメ。)を食うか悩むが、時間も半端だし、未知の倶知安までがまんすることにする。
 
HNI_0011.jpg
余市でどっと人が降りて、思いっきりローカル線の風情。
 
HNI_0009.jpg
果樹園の町仁木では秋祭り。子供達が田舎町で山車を引っ張る。こういうのイイネ。少し童心を思い出す。
 
然別→銀山は長い登りの山道。それでも携帯は1~3本アンテナが立つ。ドコモ偉い。空腹を抱えながら車窓からの山中を眺める。
 
HNI_0012.jpg
山間にへばりつくように見える銀山の集落。昔銀が産出されたのかは分からない。
 
HNI_0014.jpg
12:51倶知安到着。長万部発までちょうど1時間ある。
 
3度ほど仕事で行ったことがある美瑛町に駅前の町並みが似ている。場所は全然違うのに。
やっぱ旧来の土地所有者がいない北海道の開拓地は、町の整備計画からして合理的な似た形になるんだなぁと実感。
小樽や後日行く江差のような、開拓初期の本州の匂いの濃い街の作りとは違いますね。あっちは地形に従ったり城下町っぽい匂いがするもの。

携帯で調べたら、豪雪うどんってのが名物らしいんだけど、それを食べさせてくれそうなお店が駅前に無い……
駅前からまっすぐ歩くと観光協会があったので、そこで食べさせてくれるところを教えてもらう。
少し離れた観光ホテルのレストランで食べられるらしい。
 
HNI_0015.jpg
途中で、ずっと昔に倒産したはずのそうご電器倶知安店の看板をみつけて焦る。
看板を外すのが面倒なのかな……旧ロゴのNECパソコンの看板も懐かしい。
ちなみに駅前にはベスト電器が普通にありました。
 
HNI_0016.jpg
やっと食べられる豪雪うどん。男爵いもから作ったうどん。少し透明がかっていて、女の子にも人気が出そう。
JRの時間が心配だったので急ぎ気味で食べる。
コシは強め。モチモチしたいももちっぽい食感はやっぱりじゃがいもが材料ってことを実感させます。かすかにじゃがいもの甘さも感じたり。つゆは関西風の薄味。
お餅も入っているし、芋でんぷんが材料のせいなのか、普通のうどんよりも腹持ちいいかな。
2個入っているハチミツ漬けの梅干しも嬉しかったり。
 
HNI_0017.jpg
駅前には石川啄木の歌碑があった。
 
HNI_0018.jpg
蘭越から帰ってきたニセコ号。ここでも凄い写真攻勢。
 
13:51倶知安発。単線・ワンマンディーゼルカー1輌の最強ローカル編成w
車中で猛烈な睡魔に襲われ10分程寝る。
 
ニセコ通過。名の通った町だが、車窓から見える範囲は普通の民家ばかり。
右手に清流日本一に選ばれたこともある尻別川の素敵な眺めを見ながら進む。
 
昆布駅。なんで山中なのに「昆布」なんだろうw
駅前の温泉施設「幽泉閣」がデカくてびびる。
 
HNI_0020.jpg
昆布~蘭越~目名駅の蘭越町内は「らんこし米」で有名な地域。本州では珍しくも無いだろうが、綺麗な黄金畑の連続だったので一枚。
「四季の詩が聞こえる、いで湯とお米の町」
 
陽光の中、木々の間を無数の蜻蛉が舞う幻想的な風景。
嘘のような快晴。天気の変化の激しい日だw
目名の照り返す笹の葉海が眩しい。
峠下る。軋む車軸の音。
 
熱郛。ここからJR北海道の函館管区。
 
黒松内。陽光が眩しく、左側のボックスが空いたので移る。
 
蕨代~二股駅。典型的な無人駅。僅かに民家。米からとうきび?畑に変わっている。
 
HNI_0022.jpg
15:21長万部着。太平洋側にたどり着く。函館行きまで約1時間弱ある。駅を出る。
 
風強し。まっすぐに海へ向かう。
 
HNI_0024.jpg
美しい太平洋。浜には浮きだの流木だの転がっていて見苦しかったが、山の中から一気に変わる眺めには軽い感動を覚える。
 
海と線路沿いに並ぶ町並みが、宿場町の風情を思わせる。
「ドライブインの町」ってことらしい。毛がにとドライブインくらいしか無いんだろうなぁ……室蘭本線と函館本線の分岐点ってことで重要地域なんだろう。
 
流石に疲労が出てきたのか歩き疲れで駅舎で「ニセコウォーター」を買い休む。
燃えよ剣(下)の後半から読み始める。
 
HNI_0027.jpg
16:16長万部発。東京理科大学長万部キャンパスの看板を見る。入学早々こんな田舎町に叩き込まれる全国の理系エリートは可愛そうだw
 
ここからは一応複線が主。だけどディーゼルの1輌w
左手に夕暮れの内浦湾を眺めながら進む。
 
HNI_0028.jpg
駅舎を撮るのに比較的いい場所に座れたので車窓からローカル線の風情を幾つか。(代替の無い本線なのにw)
中ノ沢駅
 
HNI_0029.jpg
秘境駅22位北豊津駅
 
HNI_0030.jpg
黒岩駅
 
HNI_0031.jpg
この辺りから真横に内浦湾になる。河口が風情がある。
 
HNI_0032.jpg
秘境駅37位鷲ノ巣駅
 
HNI_0034.jpg
波、結構荒くなる。波の高さ50cmくらいかな。
 
八雲駅。木彫り熊の発祥の地の看板がある。へぇー。
 
右斜め前のボックスシートの女子大学生?二人がこの辺り在住?の鉄子っぽいw
盛んにローカルな熱い地元話。こっち向きに座っている眼鏡娘は笑顔が麻美ゆま(一応R18?)っぽくて可愛かったw
 
HNI_0035.jpg
山越駅日本最北端の関所があったらしいので、こんな形の無人駅。
 
HNI_0036.jpg
野田生駅
 
HNI_0037.jpg
落部駅。この辺りで「函館まで59km」と交通標識で確認。へぇー。
 
HNI_0038.jpg
石倉駅
 
HNI_0039.jpg
この辺りの海岸には、やたらと漁業用の浮きが山積みされている。浮き工場でもあるのかしらん。
 
HNI_0040.jpg
雲をかぶった、夕暮れの北海道駒ヶ岳
 
HNI_0041.jpg
石谷駅
 
HNI_0042.jpg
桂川駅ホームより、鷲ノ木漁港。
恐らくこの辺りから土方達は蝦夷地に初上陸したのだろう。
 
HNI_0043.jpg
森駅に17:34到着。17:56まで停車する。特急スーパー北斗が追い越していく。
 
18:00を過ぎると、暗くてまともに写真は撮れなくなる。
車中にて「燃えよ剣」を読んで土方のイメージを再確認する。
 
19:29函館着。札幌から11時間、調整時間を省いても正味約7時間の鈍行列車の旅が終わる。
流石に疲れから、北島三郎氏の「函館の女:はるばるきたぜ函館へ」のフレーズがよぎった。さかまく波は乗り越えていないがw
 
どん詰まりの駅のためか、8つのホームの大型駅でありながら、ホームが跨線橋や地下からつながっているということではなく、「頭端式ホーム」になっているのに感心した。
 
改札を出ると、ホストの辻さん、札幌から来た島田さん・神林さんペア、そして玉城さんを初めとするグループデストロイヤー(以後GD)さん達が出迎えてくれる。握手。
普通列車で来たことの話題で盛り上がったりw
 
まずは食事。金森倉庫周辺へ市電で集団移動するが、11人では流石にどこも入れない。シルバーウィークw
一ヶ所ホテルの中華があけてくれるところがあり、何とかコースで食事をすることが出来る。
 
タクシーで函館山からの夜景を見にロープウェーへ。タクシーの運転手さんが「4人ならこのままタクシーで上まで上がったほうが安い」と勧誘してくれる。
ロープウェーの値段を聞いたら、一人1000円以上! 噴出す。メチャ高っww そりゃタクシー分乗の方が安いわw
 
HNI_0044.jpg
世界三大夜景(香港・ナポリ・函館)の一つ。風がかなり強く、結構寒かった。
しかし流石に生の目で観る価値はあった。感動は強い。
100万ドルの夜景、という言葉は神戸の電力会社の「電力量」からの光量の形容らしいがw その価値はあるという意味で今は使われているよね。
 
みなさん疲れたようで、有志四人(玉城さん、辻さん、島田さん、オイラ)のみで最後に二次会を。
五稜郭繁華街のバー「RedLion」。典型的なブリティッシュパブで、ビールは本格的なヨーロッパものが好きなオイラには嬉しい店。
ホブゴブリン、ストロングボウなどの珍しい銘柄を飲みながら、新旧のコンヴェンション話で盛り上がる。
古くからのTRPG好きにはこういうブリティッシュパブがいいね。
 
タクシーで玉城さん・島田さんと湯の川へ。素泊まりの温泉ホテルに夜中2:30にチェックイン。程なく熟睡する。
 
関連記事
スポンサーサイト

« TRPG-EXPO2009スペシャル 2日目 ~箱館死闘編~ 函館従軍 »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
天気予報
 
プロフィール

黒豹

  • Author:黒豹
  • Qilinmon from en.wikipedia.org
    Licensed under the GFDL

    当ホームページに記載されている画像・著作権・著作物・会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    twitter @SilviaLancaster
     
    <FinalFantasyXIV>
    Silvia Lancaster ミコッテ/ムーンキーパー/Gungnir


     
    メインナイト、サブで竜騎士と学者やってます。
    仕事忙しいので、エンジョイ勢。
     
    FFXIVと違ってライオンから進化した(という設定で)猫ッテでやってみています。かわいい。
     
    © 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
     
     
    ↓休眠中のMMOキャラ達 

    <DragonQuestX> 
    シルウィア/オーガ・女・Lサイズ 
     

     
    パラ・戦士・魔戦あたりを一応のメインと自称していました。大盾を使える職たち。
     
    自宅は一応ウェルカム設定です。
    ガタラ水没 8973-6
     
    © 2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
     
    <Ragnarok Online>
    Magni→Vali鯖。メインは献身だったが、基本的にはAGIパッシブな職でザクザクソロするのがストレス解消になる脳筋。
     

    一応メインだった献身RG147/50。
    V120>>S80=D80>A70=I70>>>>L1 と比較的フラットに振り直してみた。
    もういっちょ振り直し権保持。
    虎靴なんざ無いのでアンティ散財しないと臨時入れない。
     

    RR弱体化でどうすべきか考えていたRK114/45。
    S90>A80=V80>>D30>>I12>L1 ステもスキルも迷走中だが振り直し権は保持。
    大規模狩りの釣り役が廃れそうで、INTを上げてスキル狩り出来るようにすべきか……地デリ本帽に頼っていけるか……
     

    元ネタは高校時代にWARES_BLADEというTRPGで作った斧使いの女戦士。キャラクタープレイ第1号でした。
    まぁ一応ドカタにはなりました。けどRRではドカタ厳しくなった?
    現在109/41。S120>>>V60>A50>>>I1=D1=L1
     

    金策ちゃん2号。こいつもWARES_BLADEのキャラでダングス公王朝の妾腹の盗賊姉ちゃん。
    ROでは盗作砂葱。現在76/45。
     

    AGI素騎士:82/49
    スイッチアサシン:89/50
    パッシブ発勁モンク:94/50
    短剣豆:54/18
    殴りプリ:71/38
    水火ウィズ:68/30
    付与セージ:65/30
    AGIケミ:70/1
    おつかいスパノビ:99/1
    支援プリ:59/20 とかとか
     
    このサイト内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
    © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
    © 2016 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
    なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
     
       
    <FinalFantasyXI>
    ラグ鯖/Silvialancaster
     

     


    メインナイト。オハン・アルマス・イージス・エクス・アポ作成。
    FFXI自体がVU停止とのことでDQXへと時空転移。
     
    Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

     
    <大航海時代Online>
    Notos鯖。課金停止。
     

    ↑左右目の傷が逆だけど、雰囲気ある顔立ちにキャラメイク出来た。
     
    シルヴィア.L:
    Notosイングランド運び屋 一等勲爵士 43/46/52 倫敦武装商会所属
    ミランディー:
    Notosイングランド用心棒 准六等勲爵士 19/45/17 倫敦武装商会所属
    エンドラ大尉:
    Notosイングランド薬品商 六等勲爵士 22/42/20 ラグーン商会所属
     
    (C)2016 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
リンク(プルダウン表示)
カテゴリ(ツリー表示)
 
ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)

presented by ネット旅行.com
最近の記事
最近のコメント
年別アーカイブ一覧
最近のトラックバック
ブロとも一覧